経済総合ニュース

全米で抗議デモ続く、海外にも拡大-首都ワシントンは最大規模

Photographer: Samuel Corum/Getty Images North America Photographer: Samuel Corum/Getty Images North America

(ブルームバーグ): 白人警官による黒人暴行死事件に抗議するデモは6日も全米各地で続き、首都ワシントンなど一部ではこれまでで最大規模となった。米国内ではジョージ・フロイドさんが死亡したミネアポリスやシカゴ、ロサンゼルス、ニューヨーク、アトランタなどでデモが行われ、海外でもロンドンやパリ、ブリスベーンに活動が拡大している。

米国の一部の都市で夜間外出禁止令の適用が近づく中で、暴力行為の報告はほとんどない。トランプ米大統領は6日に「法と秩序!」とツイートした。

ニューヨークのデブラシオ市長は抗議デモで同市の8日の経済活動再開が延期されることはないと言明した。

首都ワシントンは夜間外出禁止令の対象外。デモは議事堂やリンカーン記念講堂近く、居住地区でも行われた後、参加者がホワイトハウス近くのラファイエットパークに集結した。

原題:Marches Swell Nationwide; Crowds at White House: Protest Update(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧