市況・概況ニュース

東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は続落、ミクリード、シルバエッグが売られる

 4日大引けの東証マザーズ指数は前日比12.57ポイント安の990.74ポイントと続落。値上がり銘柄数は83、値下がり銘柄数は228となった。

 個別ではミクリード<7687>、シルバーエッグ・テクノロジー<3961>、リグア<7090>、トゥエンティーフォーセブン<7074>、アイリックコーポレーション<7325>は値下がり率上位に売られた。

 一方、イノベーション<3970>、サイバーセキュリティクラウド<4493>、オンコリスバイオファーマ<4588>、GMO TECH<6026>、エンバイオ・ホールディングス<6092>など6銘柄がストップ高。FRONTEO<2158>、アーキテクツ・スタジオ・ジャパン<6085>は一時ストップ高と値を飛ばした。GMOリサーチ<3695>、シャノン<3976>、Welby<4438>、新日本製薬<4931>など7銘柄は年初来高値を更新。キャリア<6198>、ビープラッツ<4381>、ギフト<9279>、GA technologies<3491>、CRGホールディングス<7041>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース(minkabu PRESS)

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧