経済総合ニュース

李沢楷氏のHKT、PCCWグローバル部門売却を検討-関係者

(ブルームバーグ): 香港の富豪、李沢楷(リチャード・リー)氏が経営権を握る通信会社HKTは、国際企業部門PCCWグローバル売却などの選択肢を検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

PCCWグローバルは売却されば最大10億ドル(約1090億円)と評価される可能性がある。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。他の通信会社やプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社の関心を引き付けるだろうとも話した。

資産売却の検討は初期段階だが、早ければ年内に正式なプロセスが始まる可能性もあると関係者は説明。最終決定には至っておらず、売却が見送られることもあり得るという。

HKTの担当者は、PCCWグローバルはHKTの不可欠な事業だと述べたが、それ以上のコメントは控えた。

原題:Hong Kong Tycoon Li’s HKT Said to Mull $1 Billion Unit Sale (1)(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧