市況・概況ニュース

明日の為替相場見通し=米ISM非製造業指数などに注目

(写真:みんなの株式) (写真:みんなの株式)

 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、米経済指標などの結果に左右されそうだ。予想レンジは1ドル=108円30~109円20銭。

 ドル円相場は、前日の海外市場で108円後半まで急激なドル高・円安が進行。長らく続いた107円台のレンジ相場が終わった。このドル高基調が続くか、どうかが当面の焦点だ。109円ラインも突破すれば一気にドル高に弾みがつく可能性がある。今晩は米5月ISM非製造業景況感指数や同ADP雇用統計の発表が予定されている。ともに注目度の高い指標であり、その結果に相場は左右されることが予想される。





出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧