日本株ニュース

スカパーJの20年3月期業績は営業利益が計画上振れで着地

(写真:みんなの株式) (写真:みんなの株式)

 スカパーJSATホールディングス <9412> がこの日の取引終了後、集計中の20年3月期連結業績について、営業利益が150億円から153億円(前の期比0.1%増)へ、最終利益が100億円から120億円(同24.0%増)へ上振れて着地し、営業減益予想から一転して増益で着地したようだと発表した。

 メディア事業における加入件数の減少に伴い業務手数料収入などが減少し売上高は1435億円から1395億円(同14.9%減)へ下振れたものの、宇宙事業及びメディア事業両事業における技術関連費用やメディア事業における光コラボルートにおける販促費が減少したことなどが利益を押し上げた。

出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧