経済総合ニュース

ウィーワーク、ロンドン新設物件のスペース縮小で交渉中-関係者

(ブルームバーグ): シェアオフィス事業を手掛ける米ウィーワークは、ロンドンに構える予定の新オフィス物件を巡り、当初合意した専有スペースを縮小する可能性を交渉している。

この交渉に詳しい複数の関係者によれば、ウィーワークと不動産開発会社のケイン・ホイ・エンタープライゼズは、2017年に結んだ合意の取り消しを検討中だという。この合意では、近くショーディッチ地区に完了予定の複合施設「ステージ」で、ウィーワークがオフィスビル2棟をリースすることになっている。関係者らによれば、ウィーワークは2棟のうち規模が小さい1棟のみをリースする可能性がある。関係者らは詳細は公になっていないとして、匿名を条件に語った。

最終決定はなされておらず、当初の計画通り2棟ともリースする可能性もまだ残されていると、関係者らは語った。

ウィーワークの親会社ウィー・カンパニーと、ステージの開発を手掛けるケイン・ホイ率いる合弁の担当者はコメントを控えた。

原題:WeWork in Talks to Slash Space in New London Shoreditch Offices(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧