経済総合ニュース

トランプ大統領の投稿、警告を注記しなかった-フェイスブックCEO

(ブルームバーグ): 米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は29日、トランプ米大統領がミネアポリスの抗議行動に関しフェイスブックでコメントしたことについて、大統領の投稿に警告を注記しなかったと明らかにした。

同CEOは「政府が兵力を行使する計画をしているのどうか人々は知る必要があるとわれわれは考えている」とし、トランプ氏の投稿は同社のポリシーに抵触していなかったとフェイスブック上でコメントした。

ツイッター、トランプ氏投稿に再び警告-暴力美化で規則違反

州兵が出動する事態となったミネアポリスでの抗議行動を巡り、トランプ氏はツイッターとフェイスブックに投稿。ツイッターは暴力を美化する言葉遣いがあるとして大統領のツイートに規則違反の警告を出した。

ザッカーバーグCEOは「この件についての大統領の話し方には強く異議を唱えるが、人々はこれをありのままに見ることができるべきだと私は思う。なぜなら権力者の説明責任はその発言がオープンに詳しく検証されるときにのみ生じ得るものだからだ」と主張した。

原題:Facebook CEO Says Users Should See Trump Posts ‘for Themselves’(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧