市況・概況ニュース

前場に注目すべき3つのポイント~下値を拾う動きは徐々に広がりをみせてくる展開も意識

前場に注目すべき3つのポイント~下値を拾う動きは徐々に広がりをみせてくる展開も意識 - ニュース・コラム - Y!ファイナンス

25日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:下値を拾う動きは徐々に広がりをみせてくる展開も意識
■前場の注目材料:富士フイルム、20/3営業利益11.1%減
■積水化、新中計、売上高22年度1兆2200億円、ライフサイエンス拡大


■下値を拾う動きは徐々に広がりをみせてくる展開も意識

25日の日本株市場は、こう着ながらもやや強含みの展開が見込まれる。22日の米国市場では、NYダウが8ドル安だった。中国政府が香港に国家安全法を適用することを協議しているとの報道を受け、米中対立激化への懸念が広がった。ただし、米国政府のウイルス対策特別委員会を率いるファウチ所長がウイルスワクチン開発に楽観的な見解を示すと、引けにかけて下げ幅を縮小した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比190円高の20550円。円相場は1ドル107円60銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、買い先行の展開になりそうだ。ただし、週明けの米国市場は祝日で休場になるため、海外勢のフローは限られそうである。そのため、買い一巡後は次第にこう着感が強まりやすく、日経平均は20500円を挟んでのこう着感が強まりやすいだろう。ただし、政府は東京など5都道県で続く新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の解除について、25日に諮問委の判断を踏まえ同日中に政府の対策本部も開催する。東京と埼玉、千葉、神奈川、北海道が対象から外れ全面解除となれば、経済活動再開への期待から下値の堅さが意識されやすいだろう。

楽観視は出来ないだろうが、新型コロナウイルス感染拡大によって大きく業績が悪化した銘柄等へは、下値を拾う動きは徐々に広がりをみせてくる展開も意識されやすいところである。もっとも、米中対立への警戒から積極的な上値追いは考えづらく、狭いレンジ内での推移が続くことになりそうだ。そんな中で、個人主体の資金は中小型株への物色を一段と強めてくる可能性が高そうである。連日で中小型株の強い値動きが続く中、個別においては過熱感が警戒される水準までの上昇をみせている銘柄も多く、地合い良好を受けて次第に出遅れている銘柄等へ物色対象に広がりが出てくる可能性がありそうだ。

なお、日経平均はテクニカル面では戻り高値水準でのこう着ではあるが、75日線が支持線として意識されてきている。これを割り込んだとしても、2万円近辺が支持線として意識されるだろう。米中対立警戒から手掛けづらい相場展開になりそうだが、経済活動再開期待から、底堅さは引き続き意識されよう。


■富士フイルム、20/3営業利益11.1%減

富士フイルム<4901>の2020年3月期決算(米国会計基準)は、売上高は5%減の2兆3151億円、営業利益は11%減の1865億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大により国内外で経済・消費活動が停滞し、業績を下押しした。また、中国の景気減速による車載用の各種産業用レンズの需要も減った。21年3月期予想については、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、現段階では合理的な算出が困難として未定とした。


■前場の注目材料
・ナスダック総合指数は上昇(9324.59、+39.71)
・シカゴ日経225先物は上昇(20550、大阪比+190)
・1ドル107円50-60銭
・SOX指数は上昇(1802.31、+11.35)
・VIX指数は低下(28.16、-1.37)
・米長期金利は低下
・日銀のETF購入
・新型コロナウイルス治療薬開発
・世界的な経済活動再開
・日米欧の大型経済対策
・株安局面での自社株買い
・7-9月期の業績回復期待


・日立建機<6305>全工場「見える化」、IoT管理ルーム設置
・エフテック<7212>北米事業を合理化、前期、3期ぶり黒字
・トヨタ自<7203>欧・東南ア一部再開、ポルトガルは休止
・サイバーダイン<7779>東南アでリハビリロボ拡販、倍増100台に
・ユアサ商事<8074>新興に出資、AI実装事業を共同展開
・NTTドコモ<9437>ドコモなど、医療分野にICT、入院患者が仮想外出
・積水化<4204>新中計、売上高22年度1兆2200億円、ライフサイエンス拡大


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・月例経済報告

<海外>
・特になし


《SF》

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧