FXニュース

欧州外国為替市場概況・20時 ユーロドル、下げ渋り

 25日の欧州外国為替市場でユーロドルは下げ渋り。20時時点では1.0900ドルと17時時点(1.0875ドル)と比べて0.0025ドル程度のユーロ高水準だった。
 16時過ぎに18日以来、1週間ぶりの安値1.1871ドルをつけた後、しばらく安値圏で戻りが鈍かった。しかし、英米休場とあって一方向へ値動きは進みにくく一時1.0904ドル前後と、本日朝方からのレンジ上限1.0909ドルに近づく動きとなった。

 ユーロ円も持ち直す。20時時点で117.39円と、17時時点(117.18円)と比べて21銭程度のユーロ高水準だった。強い方向感はなく、ユーロドルへ連動して小幅に戻す動きに。117.09円を目先の下値に、117.46円前後まで水準を回復する場面もあった。

 ドル円はもみ合い。20時時点では107.69円と17時時点(107.75円)と比べて6銭程度のドル安水準だった。通常なら手掛かりになりやすい米金利が、先週末にメモリアルデーの3連休前の短縮取引を終えて以降、時間外も含めて動意なし。ドル円は限られたレンジで振幅している。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:107.57円 - 107.78円
ユーロドル:1.0871ドル - 1.0909ドル
ユーロ円:117.09円 - 117.56円

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧