市況・概況ニュース

NY概況-3指数が小幅に反落 ダウは937ドル高まで上昇後に26ドル安

 米株は小幅反落。前日の大幅高に続いて堅調にスタートしたものの、終盤に失速した。足もとで米国の新型コロナウイルスの感染者数の増加ペースが鈍化するなか、ムニューシン財務長官などの政府高官が中小事業者の支援について前向きな発言をしたことなどを追い風に主要3指数がそろって大幅高でスタートしたが、その後は新型コロナウイルスの景気や企業業績への影響が長期化するなどの見方から買いが続かなかった。前日に1627ドル上昇したダウ平均は、7日も937ドル高まで上昇したが、26.13ドル安(-0.12%)とわずかにマイナス圏で終了。S&P500とナスダック総合も小幅安で終了し、3指数そろっての小幅反落となった。


※各種データは取得時の値です。

DOW
22653.86 -26.13 (-0.12%)
NASDAQ
7887.26 -25.98 (-0.33%)
S&P500
2659.41 -4.27 (-0.16%)
SOX
1585.38 -7.5 (-0.47%)
CME225(ドル建て)
19120 +50
CME225(円建て)
18975 -175
WTI
24.29 -1.79 (-6.86%)
ドル円
108.79 -0.41
ユーロ円
118.48 +0.64
米10年債利回り(%)
0.7153 +0.037
米2年債利回り(%)
0.2661 -0.002

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧