FXニュース

ドル円は109円台前半で推移 NY州の発表で懸念一服 緊急経済対策は反応なし=NY為替

 NY為替市場でドル円は109円台前半での推移が続いている。きょうは新型ウイルス感染関連のリスク回避の雰囲気が一服しており、ドル円は買いが優勢となっている。200日線を上放れる展開を見せており、109円付近に来ている100日線も上回る動きを見せている。

 新型ウイルス感染による全米死者数のうち約半数を占めるNY州のクオモ知事が日曜日の会見で「1日の死者数が初めて前日よりも減り、新たな入院患者も前日と比べて半減した」と述べたことで、ピークアウトへの期待感を市場では高めているようだ。米当局者は、「最も厳しい1週間になる」と述べるとともに、トランプ大統領も「トンネルの先に光が見えている」と語っていた。

 ただ、外出制限の解除はいまだ見通しが見えず、経済への影響が懸念される中で、ドル円は底堅く推移を見せてはいるものの、上値に慎重な面も見られている。

 明日、安倍首相は東京など7都府県を対象に1ヵ月程度の緊急事態宣言を発令する意向。一部からは円高の反応も警戒されていたが、いまのところは、その動きは見られていない。また、事業規模108兆円程度の緊急経済対策も伝わっていたが、いまのところ市場の反応はない。

USD/JPY 109.06

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧