外国株ニュース

<米国株情報>ボーイング、シアトル工場の操業再開を延期―従業員の感染リスク抑制

 航空・宇宙機器大手ボーイング<BA>は5日、ワシントン州シアトルのピュージェット湾とモーゼスレイクにある工場群の操業を無期限に停止する方針を明らかにした。

 ボーイングはワシントン州が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて非常事態宣言を発令した3月25日から同州の工場の操業を停止していた。期間は2週間を予定していたが、同州の感染拡大に歯止めがかかっていないため、再開を延期して従業員の感染リスクを抑える。

 今回の再開延期がサウスカロライナ州にある同社の次世代旅客機「ボーイング787 ドリームライナー」の生産施設に悪影響が及ぶことはないとしている。

提供:モーニングスター社

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧