外国株ニュース

<米国株情報>アンダー・アーマー、従業員6600人を一時解雇へ―新型コロナの影響で売上大幅減

 スポーツ用品大手アンダー・アーマー<UAA>は3日、約6600人の従業員を12日からレイオフ(一時解雇)することを明らかにした。また、取締役の報酬を25%削減する。新型コロナウイルス対策で消費者の行動が制限されており、売上が大きく減少しているという。レイオフの対象となるのは営業店舗で約6000人、倉庫で約600人。レイオフは無期限となっている。

 同時に、20年12月期の業績予想を取り下げた。2月の時点では売上高で1ケタ台弱(1-3%)の伸びを見込み、希薄化後の1株当たり利益(EPS)を0.10-0.13ドルと予想していた。第1四半期(1-3月)は新型コロナウイルスの悪影響で売上が約5000万-6000万ドル減少すると予想していたが、第2四半期(4-6月)以降は新型コロナの影響を織り込んでいなかった。

提供:モーニングスター社

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧