経済総合ニュース

IBM、オラクル、WHOなどが新型コロナ対策で連携──ブロックチェーンベースのデータハブ構築

IBM、オラクル、WHOなどが新型コロナ対策で連携──ブロックチェーンベースのデータハブ構築 IBM、オラクル、WHOなどが新型コロナ対策で連携──ブロックチェーンベースのデータハブ構築

IBM、オラクル、WHOといった大手企業・団体は、新型コロナウイルス関連の検証済みデータを収集・提供・利用するために、ブロックチェーンを使ったオープン・データハブの構築に力を合わせようとしている。

新型コロナウイルス情報ハイウェイ
「MiPasa」と呼ばれるこのソリューションは「新型コロナウイルス情報ハイウェイ」として立ち上げられているとプラットフォームを開発した企業ハセラ(Hacera)のジョナサン・レビ(Jonathan Levi)CEOは語った。

ハイパーレジャー・ファブリック(Hyperledger Fabric)上に構築されたMiPasaは、検査データや他の情報に続き、さまざまなデータ分析ツールが追加されるにつれて、新型コロナウイルス感染のホットスポットの正確な検知をサポートするために進化することが期待されている。

「情報に基づいた意思決定を行うための情報が不足していると感じている」とレビ氏は述べた。

「データにアクセスし、データを分析し、重要な洞察を提供しようとしている人たちを、我々はどのように支援できるだろうか?」

IBMが通常参加するような種類のエンタープライズ・ブロックチェーンコンソーシアムの設立には数カ月かかる。だが今回、IBMはまったく時間をかけずに多くの大手企業・団体を集めた。

他の参加企業・団体は、マイクロソフト、ジョンズ・ホプキンス大学、中国国家衛生健康委員会など。我々はWHOにコメントを求めたが、当記事公開時点までに返答はなかった。

検証済データを収集・提供・利用
IBMブロックチェーン(IBM Blockchain)のガリ・シン(Gari Singh)CTOは、同氏が話をした人物は皆、可能な限り早く「コンソーシアムを始動させる」ことが重要という点に同意したと語った。

「ウイルスについての検証済みデータをいかにして収集・提供・利用するかについてのアイデアのブレインストーミングから始めた」とシン氏は述べた。

「ブロックチェーンをこのソリューションに敢えて使おうとしたわけではない。だがデータを複製し、信頼できる情報ソースを確保し、改ざんされないようにする必要があると考えた」

IBMはまた、危機をくい止めることができるツールを迅速に作成するために、プラットフォームにコール・フォー・コード(Call for Code)も取り入れた。

この先数週間の展開についてシン氏は、新型コロナウイルスの検査データなどをプラットフォームに追加できるだろうと述べた。

「ドライブスルー検査のためのシンプルなアプリケーションのセットを考えることができる」とシン氏は述べた。

「iPadを使って、個人を特定することなく情報を入力することができる。我々はそのデータを集め、そこから新しいアプリケーションを開発できる」

ハセラのレビ氏は、分析ツールは力強い洞察を提供できると述べた。洞察は、プラットフォーム上の全データ(完全にオープンかつ無料で利用できる)は正確かつ一貫したバージョンであることを誰もが確信し、同意することでもたらされる。

同氏は、多くの企業がウイルスを抑え込むために自社データを提供していると語った。

「多くのデータツール提供企業が参加している。皆が続々と協力を申し出、誰も金銭的見返りを要求していない」

翻訳:山口晶子 | 編集:増田隆幸 | 写真:Shutterstock | 原文:World Health Organization Teams With IBM, Oracle on Blockchain-Based Coronavirus Data Hub

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧