日本株ニュース

明日注目すべき【好決算】銘柄 ニイタカ、科研薬、ジャステック (27日大引け後 発表分)

ニイタカ <日足> 「株探」多機能チャートより ニイタカ <日足> 「株探」多機能チャートより

 27日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 ニイタカ <4465>   ★6-2月期(3Q累計)経常は56%増益・通期計画を超過
 ◆20年5月期第3四半期累計(19年6月-20年2月)の連結経常利益は前年同期比55.8%増の13億円に拡大して着地。新型コロナウイルス感染症の影響で除菌・消毒用アルコールの特需が発生したうえ、食器洗浄機用洗浄剤や床用洗浄剤の販売も伸びた。原材料費の低下やコスト削減も大幅増益に貢献した。
  通期計画の12.3億円をすでに6.2%上回っており、業績上振れが期待される。

 住友精化 <4008>   ★今期経常を34%上方修正
 ◆20年3月期の連結経常利益を従来予想の50億円→67億円に34.0%上方修正。減益率が42.1%減→22.4%減に縮小する見通しとなった。想定を上回る人民元高や原料価格の下落などで吸水性樹脂事業の採算が改善することに加え、年明けからの半導体市況の回復でエレクトロニクスガスの需要が増加することが上振れの要因となる。

 科研製薬 <4521>   ★今期経常を一転6%増益に上方修正
 ◆20年3月期の連結経常利益を従来予想の227億円→264億円に16.3%上方修正。従来の9.1%減益予想から一転して5.7%増益見通しとなった。競合品の影響で「アルツ」「リピディル」といった長期収載品の販売が計画未達となるものの、販管費の研究開発費などが想定を下回ることが利益を押し上げる。

 ジオスター <5282> [東証2]  ★今期経常を22%上方修正
 ◆20年3月期の連結経常利益を従来予想の10億円→12.2億円に22.0%上方修正。減益率が71.5%減→65.2%減に縮小する見通しとなった。出荷の時期ずれなどで売上高は計画を下回るものの、プロジェクト構成の良化やコスト削減の徹底などで採算が大きく改善する。

 ジャステック <9717>   ★12-2月期(1Q)経常は31%増益で着地
 ◆20年11月期第1四半期(19年12月-20年2月)の経常利益(非連結)は前年同期比30.8%増の5.9億円に拡大して着地。電力・運輸や金融・保険、素材・建設向けの開発案件が伸び、2ケタ増収を達成したことが寄与。原価率が改善したことも大幅増益につながった。

 ジュンテンドー <9835> [東証2]  ★前期経常を25%上方修正
 ◆20年2月期の経常損益(非連結)を従来予想の2億円の黒字→2億5000万円の黒字(前の期は3200万円の赤字)に25.0%上方修正。消費税増税後の売上減少が想定以上だったものの、人件費や水道光熱費など販管費の削減を進めたことで採算が大きく改善した。

株探ニュース(minkabu PRESS)

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧