市況・概況ニュース

明日の為替相場見通し=NYダウの動向に注目

(写真:みんなの株式) (写真:みんなの株式)

 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、依然、NYダウや米長期金利の動向に左右されそうだ。予想レンジは1ドル=109円50~110円30銭。

 この日はドル安が進行し、欧州時間に入り109円80銭台まで下落。新型コロナウイルスによる世界的な感染拡大が警戒されており、米長期金利が低下するなかリスクオフ姿勢によるドル売り・円買いが活発化した。市場の関心は、前日まで5日続落したNYダウの行方に集まっており、時間外取引ではなお下値を探る展開となっている。NYダウが下げ止まらない場合、ドルも一段の安値を試すことも予想される。また今晩は米10~12月期GDP改定値が発表される。




出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧