FXニュース

東京外国為替市場概況・17時 ユーロ円、買い戻し

 27日午後の東京外国為替市場でユーロ円は買い戻し。17時時点では120.24円と15時時点(120.03円)と比べて21銭程度のユーロ高水準だった。ダウ先物が下げ幅を縮小し、日経平均先物も240円高まで上昇するなか、投資家のリスク回避姿勢後退を意識した買い戻しが入った。15時過ぎに119.96円まで下げたものの、その後は120.30円付近まで切り返した。

 ドル円は下げ渋り。17時時点では110.10円と15時時点(110.05円)と比べて5銭程度のドル高水準だった。110円割れ水準で下値の堅さを確認すると、日米株価指数先物の買い戻しや米長期金利の低下一服などを材料に110.20円台まで下げ渋った。

 ユーロドルはしっかり。17時時点では1.0921ドルと15時時点(1.0907ドル)と比べて0.0014ドル程度のユーロ高水準だった。アジア時間からの底堅い流れが継続。ユーロ円など一部ユーロクロスの上昇につれて1.0925ドルまで上値を広げた。


本日これまでの参考レンジ
ドル円:109.97円 - 110.46円
ユーロドル:1.0878ドル - 1.0925ドル
ユーロ円:119.96円 - 120.38円

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧