日本株ニュース

大森屋が一時17%高、あおさにヒトコロナウイルスの抗体を増やす効果を確認で思惑

 大森屋 <2917> が急伸して一時、前週末比140円(17.3%)高の947円に買われ、昨年来高値を更新している。中部大学が20日、同大生命健康科学部・河原敏男教授及び同大大学院工学研究科・林京子客員教授らが海藻の「あおさ」にヒトコロナウイルスの抗体を増やす効果があることを確認したと発表したことを受けて、海苔メーカー唯一の上場企業である同社に思惑的な買いが入っているようだ。

 同大によると、あおさに含まれるラムナン硫酸を培養したウイルスに接触させたところ、ヒトコロナウイルスに対して高い抗ウイルス活性を示したという。ヒトからヒトに感染するヒトコロナウイルスと新型コロナウイルスの構造は類似していることから、新型肺炎にもラムナン硫酸の効果があると期待されている。

出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧