FXニュース

【ディーラー発】円買いやや優勢(NY午後)

NYダウの軟調地合いを背景に、リスク回避の円買いがやや優勢。ドル円は米債利回りの低下幅縮小に伴い一時111円77銭付近まで反発したものの、戻りも限られ111円51銭付近まで失速。クロス円もユーロ円が121円02銭付近まで、ポンド円が144円54銭付近まで値を崩したほか、豪ドル円は73円88銭付近までじり安。そうした中、ユーロドルは午前に強まった買いの流れが一巡し小幅に上値を削る状況となっている。5時44分現在、ドル円111.548-550、ユーロ円121.045-049、ユーロドル1.08504-507で推移している。

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧