経済総合ニュース

米、露ロスネフチ傘下部門に制裁-ベネズエラ石油取引支援に言及

(ブルームバーグ): 米国はロシア国営石油大手ロスネフチの傘下部門に制裁を科した。ベネズエラのマドゥロ政権ならびに国営ベネズエラ石油(PDVSA)と関係を維持していることが理由。

米財務省の外国資産管理局(OFAC)は、ロスネフチの証券会社(スイス法人)のロスネフチ・トレーディングとディディエ・カシミロ同社会長を制裁対象に指定した。トランプ政権は追加制裁により、マドゥロ大統領を追放し、同国野党指導者グアイド国会議長に対する国際社会の支持を高めようとしている。

ロスネフチにコメントを求めたが、これまで返答はない。ロシア政府は、この制裁は同国のベネズエラおよび諸外国との関係に影響しないとの見解を示した。

匿名を条件に記者団と会見した複数の米当局者によると、ロスネフチはベネズエラ産原油の半分以上の輸送を手掛けており、ベネズエラの制裁逃れに加担している。同社は最近、ベネズエラ産原油のアフリカ西部地域への輸送を手助けしたと、米当局者の1人は話した。

原題:U.S. Sanctions Rosneft Unit for Ties to Venezuelan Oil Trade (1)(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧