経済総合ニュース

ルノーをジャンク級に格下げ、営業利益を懸念-ムーディーズ

(ブルームバーグ): 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは18日、仏自動車メーカー、ルノーの格付けをジャンク級(投機的等級)へ引き下げた。ルノーの2019年決算が10年ぶりの赤字だったほか、利益マージンの縮小見通しが示されたことが背景。

ムーディーズは発表資料で、「ルノーが2020年業績予想でグループ営業利益のさらなる減少を見込んでいるほか、今も市場環境に弱さがあることを踏まえると、当社はルノーが中期的に健全な営業利益水準を回復できるとは考えていない」と指摘した。

ムーディーズはルノーの長期債務格付けを1段階引き下げて「Ba1」と、投資適格級の1段階下に引き下げた。

原題:Renault Cut to Junk By Moody’s on Weaker Operating Margins(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧