雑誌・コラムニュース

小学6年までに「英検準2級」を取るべき深いワケ

幼児期に覚えた英語を身に付けるには……(写真:real444/iStock) 幼児期に覚えた英語を身に付けるには……(写真:real444/iStock)

「幼児期に覚えた言語が身に付くかどうかは、明確な分かれ道がある」というのは、言語学を学び、30年以上にわたって子どもの英語教育と発達研究に携わってきた船津洋氏です。ひとつのポイントは“英検準2級”にあるという船津氏に、その理由を聞きました。

■幼児期の英語が身に付くかどうかの分かれ道は? 

 よく、「幼児期の英語学習には意味がない」という説を見かけます。その裏付けとして頻繁に挙げられるのが、「小さい頃に海外で育ったのに、日本に帰っていたらすっかり英語を忘れてしまった」という帰国子女の存在です。

 そうなのです。幼児期や学齢期の早い段階で身に付ける英語は、しばらく放っておくと消え去ってしまう恐れがあるのです。

 「小さいときに身に付けた英語は消える恐れがある」ことをお伝えする際に、いつも引用する話があります。

 英語圏へ海外赴任したご家庭の話です。お姉ちゃんと弟の2人姉弟は海外生活の中で英語を身に付けた、いわゆるバイリンガルに育っていました。幼稚園や学校では英語で、家では日本語で話す生活が続いていました。

 そして、お姉ちゃんが小2、下の子がキンダー(幼稚園児)のときに帰国します。日本の学校に戻ると2人とも一切英語を口にしなくなります。これは極めて自然な現象です。子どもは友達と「同じ」でいることが好きなのです。ですから、自分たちをみんなと「違う」存在へと分断する英語は口にしなくなります。

 そんな生活が1年ほど続いたある日、父のアメリカ時代の友人が日本を訪れます。久々の再会です。すると、姉のほうはすぐに英語で話し出しましたが、弟のほうの反応は周囲の期待に背くものでした。彼は最後まで一言も英語を口にしなかったのです。

 姉の英語は1年のブランクを生き延びて、弟の英語は1年の間に消え去ってしまったのです。これに似たような事例はいくつも耳にします。いったい、弟の英語に何が起きたのでしょう。

 その答えは単純明快。両者における「読解力」の有無の差です。帰国時、お姉ちゃんは小学生だったので、英語が読めました。一方の弟君はというと、幼稚園だったので、まだ英語を読めなかったのです。そして、その「読解力」の有無が2人の「英語力」のサバイバルの差を決定づけてしまったのです。

 下の子には気の毒ですが、ちょうど微妙な時期に当たってしまったのでしょう。6歳とか7歳というのは母語(つまり弟にとっての日本語)の文字の体系を身に付ける端境期にあたり、言語学的にも外国語の音の獲得に困難が伴い始める年齢なのです。

■音声がしっかり記号化されたかを測るためには

 幼児期に身に付けたことばは「音声」というぼんやりとした存在です。ところが文字という「音声を記号化するシステム」を理解すると、ぼんやりしていた音が文字記号へきっちりとカテゴライズされます。

 つまり、音声言語が文字言語でも理解できるようになると、それは頭の中でしっかりと整理整頓されて、この場合、消えない英語力になるのです。

 「幼児期に覚えた英語音声がしっかりと記号化されて身に付いたか」を見極める目安として使えるのが、「英検準2級」という資格です。

 英検の準2級からはしっかりとした読解力が必要となります。言い換えると、準2級を持っていることが、英語の読解力を持っていることの証しになります。

 せっかく日本で英語を身に付けても、中学受験などで中断することがあります。そこで、消えてしまわない英語力に育てるためにも、小学生のうちに英検準2級を取得することを当面の目標にしておくことが望ましいのです。

 「でも、大人でも準2級を取得するのは難しいのに、子どもにチャレンジさせるのはどうなのか」と思うかもしれません。

 確かに、これまで学校で習ってきたような文法・和訳方式の学習でも5級や4級はクリアできますが、多くの子が3級の壁に阻まれます。これは一般的な学習ではリスニングが苦手になりがちなことと、3級からは長文と英作文が登場することによります。

 そして準2級ともなると、従来型の勉強法では小学生での合格は相当難しいでしょう。その後、中学生になっても、2級など夢のまた夢。高校生で準1級とか、大学生で1級など想像もつかない。これが世間一般の英検の各級に対する捉え方でしょう。

 しかし、幼児期から英語の勉強をスタートした子たちには、まったく異なった英検との関わりが待っています。

 幼児期にスタートすれば、3級の壁などは存在しません。その代わりに3級と準2級の間に1つの壁があります。そして準2級をクリアすると2級は問題なくクリアできますが、準1級が次の大きな壁となります。そしてその先に、少々手ごわい1級の壁があります。

■準2級では文章量と語彙数がかなり増える

 準2級以上が3級までと異なる点は大きく2つあります。1つ目は文章量が多くなること。長文が4つのセクションに増え、さらにテキスト量がかなり多くなります。

 受験者に対する合格率も3級以下では6割から8割あるところが、準2級からは3割台へぐっと下がるのも特徴で、おそらくは読解力の低さから、テキスト量の増加に伴い時間的余裕がなくなり、合格へ至らないのでしょう。もう1つの点は、語彙やイディオムが相当増えることです。受験者にとってはなじみの薄い表現や語が次々と出てくるので、面食らってしまうのでしょう。そこで世間一般的に準2級では単語やイディオムの丸暗記が推奨されたりするわけです。

 しかし、いったん頭の中で日本語に訳さない「直接法」で英語を身に付けてしまえば、英単語を日本語の訳ではなく、イメージで身に付けるので、1つひとつのイディオムに振り回されることはありません。

 準2級は直接法で「生活言語」レベルの英語を身に付けてしまえば、あとは読解力を育てていく過程で自然と合格できるレベルです。

 もちろん、英検を利用するのは、あくまでも「英語をしっかり身に付けるため」ですが、小学生のうちに準2級を取得すれば、中学受験にも有利ですし、準2級をクリアしていれば、「生活言語」レベル、つまりほとんどの日本人がクリアできない英語の壁をクリアしていることになるので、そこから先の英語学習はスムーズに進みます。

 小学生向けの英検のゴールをとりあえず準2級にしていますが、英語学習に最終ゴールはありませんので、もちろんその先を狙ってもいいでしょう。

 早期の英語学習のスタートで自然に身に付くリスニング力、その後の読解力育成で身に付く直感的な長文理解などをもってすれば、語彙はそこそこ、文法もほどほどでも、英検準1級合格には限りなく近づきます。

 1級ともなると、これは親がどうこうできるものではなく、子ども本人が意識的に多読するなどの学習をする必要があります。ただ、準1級まで持っている子であれば、1級には「やる気次第」で手が届くことだけは付け加えておきましょう。

年齢ごとに最適な、「直接法」で英語を身に付ける学習法は、私が開発した音声を入り口にした英語インプット教材もありますし、近著『10万組の親子が学んだ 子どもの英語「超効率」勉強法』にもまとめていますので、ご参考になればと思います。

 もちろん、学習法を確立されているご家庭もあるでしょうから、お子さんに最適な学習法で勉強されてください。

 幼少期から英語学習しているお子さんや、帰国子女のお子さんは、その英語力を消してしまわないため、ぜひ、「英検」という資格試験を活用しましょう。

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧