経済総合ニュース

日銀やECBなど主要中銀、デジタル通貨発行の共同研究グループ設立

(ブルームバーグ): 日本銀行や欧州中央銀行(ECB)など世界の中銀は21日、中銀デジタル通貨(CBDC)発行の活用可能性を評価するためグループを設立した。新しい技術のほか、米フェイスブック(FB)の暗号資産「リブラ」といった民間部門による取り組みが活発化する中、中銀としての役割が新たな課題を抱えていることを認めた格好だ。

共同声明によると、同グループは「それぞれの国・地域において中銀デジタル通貨の活用可能性の評価に関する見地を共有するため」に設立された。参加している中銀は日銀やECBのほか、カナダ銀行、イングランド銀行(BOE)、スウェーデン・リクスバンク、スイス国立銀行、国際決済銀行(BIS)となっている。

元ECB理事のクーレ現BISイノベーション・ハブ局長とカンリフBOE副総裁が共同議長を務める。

声明は「中央銀行デジタル通貨の活用のあり方、クロスボーダーの相互運用性を含む経済面、機能面、技術面での設計の選択肢を評価するとともに、先端的な技術について知見を共有する」としている。

なお同グループに中国人民銀行と米連邦準備制度理事会(FRB)は参加していない。

原題:Central Banks Team Up to Study Case for Digital Currencies (1)(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧