FXニュース

弱い英小売で英利下げ確率が75%まで高まる 来週の英雇用統計やPMIは注目=NY為替

 ドル買いが優勢となる中、きょうはポンドドルの売りが強まっている。ロンドン時間に発表になった英小売売上高が予想外の減少になったことで、ここ数日高まっている利下げ期待がさらに強化されたようだ。英短期金融市場では利下げ確率が75%まで高まっている状況。

 今週のポンドドルはショートカバーが活発化し、1.31ドル台まで買い戻されていたが、一気に戻り売りが強まり1.30ドル台前半まで下落している。21日線を再び下回って来ており、来週以降の動向が注目される。

 英中銀は利下げを実施する前にもう少しデータを確認するものと見られる。その意味では来週の英雇用統計やPMIのデータが注目され、弱い内容であれば、今月30日の金融政策委員会(MPC)にでも利下げをする可能性もありそうだ。

英小売売上高(12月)18:30
結果 -0.6%
予想 0.6% 前回 -0.8%(-0.6%から修正)(前月比)
結果 0.9%
予想 2.7% 前回 0.8%(1.0%から修正)(前年比)

GBP/USD 1.3029 GBP/JPY 143.51 EUR/GBP 0.8517

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧