市況・概況ニュース

日経平均は54円高と続伸、引けにかけ前場終値近辺でこう着、米雇用統計控え様子見=6日後場

 6日後場の日経平均株価は前日比54円31銭高の2万3354円40銭と続伸。朝方は、米中貿易交渉の先行き警戒感が後退し、5日の米国株式が上昇した流れを受け、買いが先行した。きのう夕方に閣議決定した新経済対策も支えとなり、一時2万3412円48銭(前日比112円39銭高)まで上昇した。一巡後は上値が重く、後場は前場終値2万3361円28銭(同61円19銭高)近辺でこう着感が強まった。週末要因に加え、現地6日に米11月雇用統計の発表を控え、様子見気分となった。

 東証1部の出来高は10億5492万株、売買代金は1兆7909億円。騰落銘柄数は値上がり1308銘柄、値下がり737銘柄、変わらず112銘柄。

 業種別では、野村 <8604> 、大和証G <8601> などの証券商品先物株が堅調。大成建設 <1801> 、鹿島 <1812> などの建設株や、日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> 、神戸鋼 <5406> などの鉄鋼株も買われた。東海カーボン <5301> 、AGC <5201> などのガラス土石株や、デサント <8114> 、ワールド <3612> などの繊維製品株も高い。

 半面、ブリヂス <5108> 、TOYO <5105> などのゴム製品株が軟調。日水 <1332> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株や、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株も安い。

 個別では、オルトプラス <3672> がストップ高となり、いであ <9768> 、マイネット <3928> 、一工薬 <4461> 、木村加工機 <6378> などの上げも目立った。半面、オリバー <7959> 、ニチコン <6996> 、神東塗 <4615> 、ファルテック <7215> 、鎌倉新書 <6184> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、21業種が上昇した。

提供:モーニングスター社

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧