日本株ニュース

<飛躍期待の中小型株>栄研化学、業績急回復で増額修正余地

 臨床検査薬大手の栄研化学 <4549> は業績が急速に回復している。20年3月期は連結経常利益36.5億円、純利益26億円を計画しているが、上期(4~9月)の決算では経常利益31億円(前年同期比19.2%増)、純利益23.4億円(同19.0%増)に拡大した。

 とりわけ海外向けの尿検査用装置など医療機器の売上が同32.6%増と伸びが大きく、結果的に海外売上高も同31.1%増と拡大している。通期計画に対する経常利益の進ちょく率は84.9%に達し、第3四半期決算の前に上方修正がなされる可能性が高い。

<株価は上昇トレンドに転換>

 株価は長らく調整が続いていたが、上期決算を機に下降トレンドから上昇トレンドに反転したとみてよい。12月3日に2000円を超えた後も押し目買い意欲が強い。3月13日の高値2862円の高値奪回はそう遠くはないかもしれない。


想定保有期間:1年

買いのレンジ:2000円前後

目標株価:2800円-3000円

損切り株価:1900円

提供:モーニングスター社

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧