経済総合ニュース

「相場はゴッド・ノーズ」米価と格闘した若き日の怪物経営者 河合良成(上)

[画像]河合良成 [画像]河合良成

 相場は「ゴッド・ノーズ(God knows)」――。小松製作所を世界的メーカーへと押し上げた大正・昭和の実業家の河合良成(かわい・よしなり)は、相場の不可思議さをこう表現したといいます。

 越中米の年貢収納地だった現在の富山県に生まれ、米騒動の際には若手官僚として下がらない米価と格闘。郷誠之助に誘われて入った東京株式取引所(東株)では、第1次世界大戦後の歴史的大暴落への対応にもがき、昭和初期の大疑獄事件である帝人事件にも巻き込まれました。戦後は国会議員にもなり、吉田内閣で厚生相を務めた河合は、日中、日ソの経済交流にも尽力しました。

 怪物経営者と呼ばれ、相場と闘い、翻弄された河合。市場経済研究所の鍋島高明さんが、農商務省の若手官僚時代を解説します。3回連載「野心の経済人」河合良成編の第1回です。

若手官僚として米騒動下で米価と格闘
 河合良成は富山県出身、清廉政治家として知られる松村謙三(まつむら・けんぞう)の生家とは隣り合わせだった。農商務省書記官、東京株式取引所常務理事、東大講師、満州国顧問、東京市助役、貴族院議員、第1次吉田内閣厚生相、第百生命社長、小松製作所社長、衆議院議員……。この間、帝人事件(※)に連座して逮捕されるが無罪となり、政界の黒幕的存在として活動。日中、日ソ経済交流でも足跡を残す。その多彩な業績から、人は河合のことを怪物経営者と呼ぶ。小松製作所をブルドーザーのトップメーカとして国際企業に飛躍させた凄腕でもある。

(※)帝人事件…帝人の株式売買をめぐる昭和初期の疑獄事件。1934(昭和9)年、帝人首脳や大蔵次官らが背任・贈収賄などの罪で逮捕された。時の斉藤実(まこと)内閣の総辞職につながったが、逮捕者は全員無罪となった。

 大正の米騒動(1918年)下で、河合は農商務省の若手官僚として米価と格闘する。蚕糸(さんし)市場とも深くかかわりを持ち、この時の経験が後に東京株式取引所常務理事として、市場運営に生かされる。

 河合良成のふるさとである福光(現在の富山県南砺市)は、百万石を誇る加賀・前田藩のヒンターランド(経済後背地)であった。金沢の東隣に位置し、越中米の年貢収納地であったからだ。そして江戸後期の豪商、銭屋五兵衛(※)(ぜにや・ごへえ)の経済活動の基盤であった。後年、河合は生まれ故郷を自慢気に回想している。

「銭屋五兵衛が回漕(かいそう)問屋として幾隻かの船舶を所有し、沖ノ島や沖縄列島を中継地としてフィリピンのルソン島などとの間に盛んに密貿易を行っていたことは、史上有名なことである。そしてかの地への輸出品として生糸及びその製品、輸入品として砂糖、麻など、その他に銃器類も入っていた。この輸出の大宗である生糸類の供給の中心地が私の生まれた福光地方であった」(河合良成著『明治の一青年像』)

 銭屋五兵衛(1773~1852)とは、江戸時代末期の加賀の豪商で海運業者。代々、両替商を営み「銭屋」と号し、北前船(きたまえぶね)全盛期に巨利を博して、「海の百万石」との異名を持った人物だ。天保年間(1830~44)には、藩の執政・奥村栄実に登用され、御用金調達に任じられた。いわゆる密貿易による巨富獲得については伝説化された部分が多いが、大阪廻米、米相場で儲けたのが真相らしい。晩年、河北潟の干拓工事に絡む藩の政争に巻き込まれ、80歳で獄死した。

役人最初の仕事は地方取引所の監督
 話を河合に戻そう。河合が東京帝国大学法学部を卒業して農商務省に入るのが明治44(1911)年、最初に手掛けたのは取引所の監督であった。当時、米穀取引所は全国に二十数か所あったが、東京米穀商品取引所と大阪堂島米穀取引所が図抜けていて、この2つを除いては取引高も少なく、存在理由も今一つだった。少なくとも河合の目にはそう映った。そんなローカル市場は一種の賭博場のように見えたので、地方取引所の許可更新の必要はないと見定めていた。

「われわれが監督官として数回にわたって地方取引所の調査をやって、独立性の有無を調べて、継続許可に対する材料を集めた。地方取引所はほとんど継続を否定して差し支えないという事情であった」(河合良成著『明治の一青年像』)

 ところが、結果としてはそっくりそのまま許可更新が行われ、継続されるところとなる。河合の知らないところで、政治家の手によって地方取引所は存続された。地方都市繁栄のためには、取引所がどうしても必要であって、賭博場的雰囲気ではあっても、「ネセサリーイーブル」(必要悪)とされていた。河合はしばしば紛争処理のため地方にも出張した。

「時々桑名や佐賀などの米穀取引所で買占めが起きたり、仲買人の破綻が起きたり、重役の争奪などの問題が起きたり、その度毎地方に飛んで行って調査し、地方長官と協議したり、財産の検査にも行き、金庫の封印などもやった」

官民一体で蚕糸救済、中心で働いた河合
 大正3(1914)年、第1次世界大戦が勃発し、蚕糸相場が大暴落。河合は糸価対策に奔走する。

「時の政府はこれを救済するため帝国蚕糸株式会社を設立することになり、私がその企画立案から設立、運営に関係した。そのことがあった以来、私はその名を官・政・財界で知られ、農商務行政の一中心人物として注目されるようになった」(河合良成著『明治の一青年像』)

 当時、生糸は「輸出の大宗」と称され、日本経済の大黒柱で、その市況は日本の運命を左右するバロメーターでもあった。横浜の生糸商、原富太郎(とみたろう)や茂木惣兵衛(もぎ・そうべえ)の提案をもとに生糸の買い上げ機関として帝国蚕糸株式会社が設立され、政府が多額の公的資金を出し、官民一体となって蚕糸救済に乗り出す。この時の政府側の中心人物が、入省3年目の河合青年であった。

 500万円の政府出資金(金券)をポケットに入れて横浜へ乗り込むことになると、同僚から「五百万円の大金をポケットに入れるなどは、一生涯ないことだから今日は君がおごれよ」などといわれ、農商務省の高等食堂でご馳走したという。この市況対策の効果はてき面、瞬く間に生糸相場は息を吹き返し、政府には169万円余の利益金が入る。河合はこの功績で勲六等旭日章と一時金250円を下賜される。=敬称略

■河合良成(1886~1970)の横顔
明治19(1886)年、富山県生まれ。同44(1911)年、東京帝国大学法学部卒、農商務省書記官となる。大正8(1919)年、米騒動の後に退官。同年、東京株式取引所常務理事、同9年に東大経済学部講師を兼ね、日華生命(後の第百生命)、福徳生命各取締役に。昭和9(1934)年、帝人事件の災厄を経て満州国顧問、内閣委員など歴任。同17(1942)年に東京市助役、同20年、農林次官、同21年、第1次吉田内閣で厚生相に起用される。同22年、第百生命社長、小松製作所社長。同27(1952)年、衆議院議員に当選。同38(1963)年、京葉土地開発社長、この間政府委員多数、訪ソ使節団長を務める。著書に『取引所講話』『帝人心境録』『帝人事件』など多数。

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧