FXニュース

東京株式(前引け)=前日比125円高、中国GDP受け一時上昇幅拡大

 18日前引けの日経平均株価は前日比125円10銭高の2万2576円96銭。前場の東証1部の売買高概算は5億325万株、売買代金概算は9060億7500万円。値上がり銘柄数は1321、値下がり銘柄数は705、変わらずは126銘柄だった。

 日経平均株価は堅調に推移。前日のNYダウが上昇したことを受け、安心感から買いが先行した。また、この日の午前11時に発表された中国GDPは前年同月比で6.0%増と市場予想(6.1%増)を下回ったが、市場には景気対策期待が膨らんだ。また、同時に発表された中国9月鉱工業生産は堅調だったことなどが好感され、日経平均株価は一時、前日比190円を超す上昇となる場面があった。ただ、前場の引けにかけ上昇幅は縮小した。

 個別では、半導体や電子部品関連株が高い。SCREENホールディングス <7735> やSUMCO <3436> 、アドバンテスト <6857> が値を上げ、村田製作所 <6981> や太陽誘電 <6976> が買われた。ファーストリテイリング <9983> や楽天 <4755> 、キーエンス <6861> もしっかり。

 半面、任天堂 <7974> やトヨタ自動車 <7203> 、日立製作所 <6501> が安い。資生堂 <4911> やオリエンタルランド <4661> も値を下げた。

出所:MINKABU PRESS

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧