経済総合ニュース

ISメンバーが収容所から逃亡、クルド人民兵を非難-トルコ国防相

AFP via Getty Images AFP via Getty Images

(ブルームバーグ): トルコのアカル国防相は、クルド人の民兵組織「人民防衛部隊(YPG)」がシリア北部の収容所1カ所を放棄した後、過激派組織「イスラム国(IS)」のメンバーらが逃亡したと明らかにした。トルコ軍がシリアに越境すれば、多数のIS戦闘員が収容所から脱出する事態を招きかねないと警告されていた。

アカル国防相は14日、トルコ軍が展開している「地域にはISの収容所は一つしかなかった」と発言。「わが軍が到着した時には、収容所はYPGによって無人にされていた。ISのメンバーは逃亡を許されていた」と述べた。

トランプ米大統領は、トルコがシリア北東部に軍事侵攻しても静観する姿勢を今月に入って示唆。その地域内で身柄を拘束されている全てのISメンバーへの対処についてはトルコに責任があると、その後主張した。これに対してトルコは、自国が責任を負うのはシリアとの国境近くに設けようとしている安全地帯内のIS戦闘員への対処だけだと応じていた。

アカル国防相の発言の数分後、トランプ氏はシリアのクルド人は「われわれを巻き込む」ために、収容していたISメンバーの一部を解放しているのかもしれない」とツイートした。

原題:Turkey Blames Syrian Kurds for Mass Jailbreak by Islamic State(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧