FXニュース

FOMCの結果待ちの中、ドル円は108円台前半で振幅=NY為替前半

 きょうのNY為替市場でドル円は108円台前半での推移が続いている。午後のFOMCの結果待ちの雰囲気が続いており、狭い範囲での取引が続いている。きょう1日のレンジは18銭程度。ただ、108円台はしっかりと維持しており、100日線の水準を固める動きが見られ、8月後半からのリバウンド相場の流れを堅持している。

 そのFOMCだが、現地時間午後2時(日本時間19日午前3時)に結果が発表される。トランプ大統領による大胆な利下げへの圧力は続く中、市場では今回は利下げを確実視も利下げ幅は0.25%に留まるとの見方が有力。ただ、市場も十分に織り込んでおり、0.25%の利下げであればサプライズは無さそうだ。

 今回はFRBの経済見通しやFOMCメンバーの金利見通し(ドット・プロット)が公表され、むしろ、そちらが注目となりそうだ。足元のファンダメンタルズからすれば、FOMCメンバーはそうハト派にはなれそうにもない。そのよう中、2020年末の金利見通しをどのように見ているか注目される。市場では今回を含めて2020年末までにあと3回か4回の0.25%利下げを織り込む動きが出ている。

 ユーロドルはNY時間に入って下げ渋る動きが出ており、1.1065ドル近辺まで買い戻されている。ロンドン時間には戻り売りが優勢となり1.1040ドル近辺まで値を落とす場面が見られた。こちらも全体的にはFOMCの結果待ちで様子見気分が強い。

 ポンドドルはNY時間に入って買い戻しが出ており、1.24ドル台後半まで戻している。きょうは英消費者物価指数(CPI)が予想を下回る内容だったことから、ポンドドルは1.2440ドル近辺まで値を落とす場面も見られていた。

 その英CPIだが、前年比1.7%と英中銀のインフレ目標である2%を下回っていたほか、食品・エネルギーを除いたコア指数も前年比1.5%に低下していた。コンピューターゲームや衣料品がインフレを抑えた。

 英中銀は2020年末までインフレ率が目標を下回って推移すると予測しており、その通りの結果が出始めている。明日は英中銀の金融政策委員会(MPC)が予定されているが、金利は据え置きが予想されている。英中銀はEU離脱が混乱なく通過すれば利上げの選択肢を残してはいるものの、今回のCPIを見た限りでは利上げ期待は後退させざるを得ない。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧