FXニュース

ブリストルが下落 セルジーンの「オテズラ」を売却でFTCと合意=米国株個別

 医薬品のブリストル・マイヤーズ・スクイブが商いを伴って下落。同社は同業のセルジーンを740億ドルで買収することで合意しているが、買収を実現するために反トラスト法を巡って米連邦取引委員会(FTC)と、乾癬治療薬「オテズラ」を売却することで合意したと発表。

 「オテズラ」はセルジーンの主力薬で昨年は18.6億ドルの売り上げをあげている。アナリストからは新会社の大きな成長ドライバーとなるはずだった同薬を手放すことに、ネガティブな驚きを隠せないとの指摘も聞かれる。売却益は負債圧縮に使用される計画だという。

(NY時間10:54)
ブリストル・マイヤーズ 45.68(-3.67 -7.43%)
セルジーン 93.88(-5.03 -5.09%)

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧