経済総合ニュース

クラフト・ハインツ株上昇、新CEOにアンハイザー幹部-株反転期待

(ブルームバーグ): 食品大手の米クラフト・ハインツは新たな最高経営責任者(CEO)を迎える。約2年前に英蘭系同業のユニリーバ買収に失敗して以来、低迷している株価の押し上げを図る。

新CEOに指名されたミゲル・パトリシオ氏(52)は、アンハイザー・ブッシュ(AB)インベブでマーケティングを率いていた。7月1日付でベルナード・ヒースCEOの後任となる。ウォーレン・バフェット氏とプライベートエクイティ(PE、 未公開株)投資会社の3Gキャピタルが取りまとめた2015年の合併以来、ヒース氏はクラフトを率いている。

クラフトが1430億ドルでのユニリーバ買収を提案した2017年2月以来、ヒース氏の足下は揺らいでいた。買収協議はリークされ、最終的に実を結ばなかった。それ以来、クラフトの株価は下落傾向にあり、700億ドル余りの時価総額が消失している。

この日のクラフト株は一時2.5%上昇し、1カ月ぶりの大幅高。年初から今月19日まででは23%下落していた。同期間にS&P500種株価指数は16%上昇した。

原題:Buffett-Backed Kraft Heinz’s Incoming Chief Aims to Right Ship(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧