FXニュース

ポンド下落 200日線を試す動き続く 休会開けを警戒=NY為替

 きょうは全体的にドル売りが優勢となっているものの、ポンドは下値模索が続いており、ポンドドルは一時1.2975ドル近辺まで下落する場面も見られた。200日線が1.2965ドル、3月安値が1.2950ドル付近に来ており、下値メドとして意識される。

 イースター休暇でロンドン勢も休日でポンドの参加者も少ない中、英議会の休会明けを警戒した動きが続いている模様。

 21日付のサンデー・タイムズは、与党保守党幹部のブレイディ議員が今週、メイ首相に対し6月末までに辞任しなければ、保守党議員が再び退陣を迫ると伝える見通しだと報じていた。昨年12月の信任投票を実施したことから、党首信任投票の1年以内の再実施はできないが、ブレイディ議員は首相が退陣しない場合にはこの規定を変更するとメイ氏に伝えるという。

 その場合、総選挙の可能性も含めて情勢は混沌し、ポンドにとってはマイナスとの見方も多い。

GBP/USD 1.2986 GBP/JPY 145.35 EUR/GBP 0.8671

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧