市況・概況ニュース

〔ロンドン株式〕小幅続伸(12日)

 【ロンドン時事】12日のロンドン株式市場は小幅続伸となり、英FT100種平均株価指数(FTSE100)は前日終値比4.03ポイント(0.06%)高の7133.14で終了した。
 朝方は高値で寄り付いたものの、その後ポンドの強含みを眺めて値を消した。終値はほぼ横ばいとなった。
 指数構成銘柄のうち、高安はそれぞれ約半々だった。銀行株や石油株が強含む一方、小売株は軟化した。
 主な個別銘柄では、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビの民間医療サービス最大手NMCヘルスケアが1.9%高で上昇率トップ。原油高を背景に、石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルは0.6%高、同BPも0.2%高と強含んだ。金融大手HSBCホールディングス(0.5%高)、同バークレイズ(0.8%高)、同ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS、1.1%高)などの銀行株も堅調。日用品・食品大手ユニリーバは1.2%高と締まった。
 半面、旅行代理店大手トゥイは業績悪化が伝えられ、7.5%の大幅安。前日は上昇率トップだったが、きょうは下落率トップとなった。流通大手セインズベリー(3.4%安)、同モリソンズ(1.7%安)、同テスコ(0.7%安)などの小売株の一角も売られた。(了)

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧