経済総合ニュース

NY円上伸、112円台後半

 【ニューヨーク時事】週末16日午前のニューヨーク外国為替市場では、安全資産とされる円が買われ、円相場は1ドル=112円台後半に上伸した。英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる先行き不透明感や米中「貿易戦争」に対する警戒感などを背景に投資家のリスク回避姿勢が強まった。午前9時10分現在は112円80~90銭と、前日午後5時比77銭の円高・ドル安。 

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧