FXニュース

米雇用統計後はドルが振幅、足元ではドル売りが優勢に=NY為替

米雇用統計後はドルが振幅、足元ではドル売りが優勢に=NY為替

 米雇用統計後はドル相場が上下動。足元ではドル売りが優勢になっている。ユーロドルは1.1538レベルに本日高値を更新。ポンドドルは1.2955レベル、豪ドル/ドルは0.7087レベルにそれぞれ本日高値を更新している。ドル円は113.80近辺へと再び軟化した。

 市場ではユーロドルの1.1500レベルに本日NYカットのオプションが設定されているとの観測。日本時間午後11時の期限を通過した後の値動きに注目。

EUR/USD 1.1526 USD/JPY 113.85

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧