経済総合ニュース

米長短金利差縮小、必ずしも景気後退示唆せず=シカゴ連銀総裁

[フォートウェイン(米インディアナ州) 14日 ロイター] - 米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は14日、長短金利差の縮小は米経済が将来的に景気後退(リセッション)に陥ることを必ずしも示唆しているわけではないとの考えを示した。

同総裁は、長期利回りは長らく低下傾向にあり、他の経済指標は米経済が堅調であることを示していると指摘。利回り曲線の平坦化を景気後退の兆候として解釈するのは「時期尚早」であるとの考えを示した。

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧