日本株ニュース

マネックスG-後場上げ幅拡大 コインチェックを子会社化 和田氏と大塚氏は執行役員就任へ

 マネックスグループ<8698>が後場上げ幅拡大。同社は6日11時40分に、コインチェック(東京都渋谷区)の全株式を取得すると発表した。なお、株式取得は4月16日を予定している。

 同社がオンライン証券業界で創業以来培ってきた経営管理やシステムリスク管理のノウハウや人材および、顧客資産保護の体制を最大限活用することにより、顧客が安心して利用することができ、社会的に有用な仮想通貨交換業者として、コインチェックが今後とも持続的に成長できるようサポートするという。
 取得価格は36億円だが、これに加えて、コインチェックの現所有者との間で条件付対価に関する合意がなされており、今後3事業年度の当期純利益の合計額の2分の1を上限とし、一定の事業上のリスクを控除して算出される金額が追加で発生する可能性がある。なお、コインチェックの和田晃一良代表取締役社長および大塚雄介取締役COOは取締役を退任し、同社の執行役員に就任する予定となっている。

関連ニュース

銘柄情報を探す

あなたへのおすすめ

情報提供元一覧