雑誌・コラムニュース

家計簿最初の1カ月はそのまま暮らして節約はしない

家計簿をつけはじめるあなたへの最初のアドバイスは「節約しないで1カ月過ごす」ことです。「どうして?」と思うかもしれませんが、納得の理由をお教えします。 家計簿をつけはじめるあなたへの最初のアドバイスは「節約しないで1カ月過ごす」ことです。「どうして?」と思うかもしれませんが、納得の理由をお教えします。

◆家計簿をつけるなら1カ月くらい、生活を変えずそのままつけるといい
家計簿をつけよう、と思う人は多いのですが、続かない人もたくさんいます。記帳を続けるテクニックはいくつかありますが、実はとても大事なポイントが紹介されていないことがあるようです。

それは「記帳する習慣をつけることが優先」であり、「生活は変えなくてもいい」ということです。

今までずっとやっていたムダづかいを改める必要はないし、安いモノを買う必要もない、としたらどうでしょうか。今までどおり、普段どおりに生活をして家計簿をつければいいのです。

「いやいや節約をしたくて家計簿つけはじめるのだから、何を言っているのだ!」と怒られそうですが、そこにはちゃんと理由があります。

お金の問題を逆転の発想法で解決す3分間マネーハック。今回のテーマは「家計簿のつけはじめ」です。

◆ダイエット途中に体重計に初めて乗る人はいない
そもそも、「節約もチャレンジしながら、家計簿もつけはじめるチャレンジをする」という状態は2つの努力が同時進行している状態です。しかも、今後の指針となるべき「現状」が把握されていないままに節約をやみくもに進めている状態であって、家計簿記帳というチャレンジと平行しています。

これはダイエットをスタートするにあたって、「ダイエット開始前の体重」を知らずにダイエットしているようなものです。ダイエットががんばれるのは「一番最悪のスタートライン」がはっきりしているからです。

もし、毎日食事をセーブしたり運動をしながら減っていく体重をみて「今よりもとにかく減らそう」と自分を追い込むとしたらダイエットはしんどいものになってしまいます。

体重計は初日に一度乗れば「スタートライン」はすぐ分かります。しかし家計簿の「スタートライン」は1カ月記帳続けてみてようやく明らかになるものです。

つまり、1カ月は「現状把握」のために生活習慣は変えずに家計簿をつければいいのです。

◆「現状」を知るための1カ月は記帳の「習慣」を身につける1カ月でもある
「現状」をしっかり把握するために、生活は変えずに記帳だけすればいい、と説明しましたが、何ひとつ生活が変化しないわけではありません。「記帳する」という生活の変化があるからです。

今まではまったく記帳せずに1カ月の買い物をしていたのだとすれば、「記帳する習慣」を身につけるのはそう簡単なことではありません。

ノート形式でもアプリでもかまいませんが、毎日、漏れなく、買い物の出費をすべて記入することはやってみると大変なことです。

「現状」をデータ化する期間を、今までなかった習慣が定着するための「助走期間」として考えてみてください。実は、この1カ月の最大のテーマは「節約」ではなく「記帳継続」という習慣をつけることなのです。

この1カ月に限っては、若干の記入漏れがあってもいいと思います。どうしても相性が合わないアプリであれば、月の途中であろうとアプリを変更してもいいのです。

とにかくやり遂げることが大切ですし、これから先も続けられるよう、あらゆる工夫をして自分を整えていくことが大切なのです。

◆「現状」の暮らしのどこに問題があるのかを見極めるのが家計簿の役割
1カ月分、データが記入されたら、ぞんぶんにチェックし、「ダメな自分」をさらけ出しておきましょう。

ダイエットでもよく、一番太った自分の写真を貼ることがありますが、家計簿でも「ここが一番ダメだった私」です。自分のダメなお金の使い方をじっくり眺めてみます。

費目別の出費額からダメ出しを行ってカット目標を考えてみたり、実は平日の細かい出費が金食い虫になっていることを発見することで、翌月以降の節約チャレンジが具体的なものとなっていきます。

具体的な「削る費目」があったり、具体的な「目標金額」があることで、節約の効果も現れやすくなります。

2カ月めの家計簿は「現状」と「未来」の出費の違いを把握しつつ、買い物をしていきましょう。きっと、節約が大成功することでしょう。

関連ニュース

銘柄情報を探す

情報提供元一覧